「土合中は自分に自信が持てるように、あなたを応援します」


第24代土合中学校長 千 葉 和 博


 
このたび、第23代校長 新井 栄司先生の後任として、土合中学校にお世話になることになりました千葉 和博と申します。創立72年を迎える土合中学校の伝統をしっかりと継承し、新たな校風の創造に微力ではありますが、全力を尽くしますのでよろしくお願いいたします。
 さて、本年度は新たに285名の新入生を迎え、生徒数922名、各学年8学級、特別支援学級2学級、計26学級でスタートしました。
 本校の学校教育目標は『日に学び さやかな土合 光る汗』です。『さやかな』には、「人間性豊かな」という意味が込められています。『光る汗』は、「何事にも最後まで諦めずに一生懸命励む尊い姿を象徴するもの」を表しています。「心身ともに健康な」「勤労と責任を重んずる」という意味も込められています。
 特に本年度は、学校の教育目標を達成するために、下記のような方針で進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

◎自分に自信を持ち、自分や周りの人を大切にできる生徒の育成に努める

〜土合中は自分に自信が持てるように、あなたを応援します〜

(1)小・中一貫教育、特別支援教育を推進する。

(2)心のふれあいのある温かな雰囲気の人間関係を醸成する。

(3)「良い授業」の研究を進め学力の向上を図る。

(4)思いやりや自律の心を育む、道徳教育を推進する。

(5)家庭・地域との連携を大切にし、信頼され、愛される学校づくりを推進する。


(1)小・中一貫教育、特別支援教育を推進する。
    小・中一貫教育、特別支援教育を推進し、生徒の学習や学校生活等の不安や悩みを解消し、生き生
  きと学校生活が送れるようにします。


(2)心のふれあいのある温かな雰囲気の人間関係を醸成する。
   心を潤す4つのことばの励行など、生徒と生徒、生徒と教職員、保護者と教職員の心のふれあいの
  ある温かな雰囲気の人間関係の醸成に努め、生徒、教職員がやりがい、生
きがいを感じられる学校づ
  くりを推進します。


(3)「良い授業」の研究を進め学力の向上を図る。
  「良い授業」の研究を進め、「わかる授業」を展開し、基礎・基本の確実な定着を図り、生徒の学力
  の向上を図ります。


(4)思いやりや自律の心を育む、道徳教育を推進する。
   自他の人権を尊重し、他者の痛みを共有できる心、いじめを許さない心、差別を許さない強い心な
  ど、思いやりや自律の心を育む、道徳教育を推進します。


(5)家庭・地域との連携を大切にし、信頼され、愛される学校づくりを推進する。
   教育は、「家庭でしつけ、学校で学び、地域で育てる営み」と言われるように、家庭・地域との連
  携を大切にし互いに補完することで、信頼され、愛される学校づくりを推進します。